前橋市江田町610-6
TEL: 027-212-5631
トップ内臓療法とは受付時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
  本当のダイエットのやり方??

 1年中いつもダイエットに励んでいるような人、そのダイエット法は効果が出ているでしょうか?
 『毎日5kmのジョギング!』 『甘いもの厳禁!痩せるまで食べない!』 といった激しいダイエットをしなくても体重を減らすことは可能です。むしろ厳しい目標は長続きしないことはご存じかと思います。簡単に言えば
         (消費するエネルギ)>(摂取するエネルギ)
となれば体重は減っていきます。具体的にどうすればよいか、食事面や運動面について順次お話ししていきましょう。
  * 今回は一般的なダイエットについてのお話です。腎臓系の病気による体重増加などは別の話になります。


食事

《1日3食は必要か?》
 「ダイエット」とは本来「食事制限をして体重を減らす」という意味です。なので、厳密には「ウォーキングダイエット」や「骨盤矯正ダイエット」という言い方は間違いです。当院にも「おなかほぐしダイエット」というコースがありますが、便宜上『ダイエット』という言葉を使っています。それでは食事についてどうすればよいか、です。
 性別・年代・仕事での運動量などにより、基礎代謝や1日の消費カロリーは違ってきます。そのあたりが知りたい人は「カロリー 消費」などで検索すると、消費カロリーが計算できるサイトがたくさん出てくるので、そちらを参考にしてください。消費カロリーを知って計算することも大切ですが、今もっとも重要なのは「体重が減らない=食べすぎている」ということです。

 1日3食しっかり摂ることが健康と言われますが、人によっては3食は多すぎます。しっかりとした食事を3食必要とするのは、成長期の子供や肉体労働をして体を動かす人たちです。一般的には20代を越えてくると基礎代謝が落ちるので、食事量も減らしてちょうどよくなります。体重が落ちないと悩んでいる人、食事量が若い頃と変わっていないのではないでしょうか?
 犬などペットを飼っている人はご存じかと思いますが、子犬の頃は1日3食を必要としますが成犬になると1日1〜2回の食事になります。成長期は体を大きくするためにエネルギがたくさん必要なのですね。大人になれば必要エネルギは減って当然です。しかし、人間だけが大人になっても同じ量の食事(むしろ大人の方が多い量)を摂ります。これは自然と言えるでしょうか?

 会社勤めになると始業時間・昼休み・就業時間が決まっているので、規則的に1日3食が当然になってしまいますね。朝は飲み物だけにするなど、どこかで食料を調整してみましょう。ちなみに、「朝ごはんを食べないと脳が働かない」ということも言われますが、肝臓や脂肪に蓄えられているエネルギが糖に変換されるので心配ありません。歯磨きをしたり着替えたり、少し体を動かせば頭がスッキリしてくるのを感じると思います。脳もすぐに働きだしているのです。
 

《腹9分目にするだけ》

 ご自分の食事量が多すぎないか思い返してください。多すぎると思い当たった人は『腹9分目』を心がけましょう。1日3食しっかり食べてもいいです。今までどおり間食をしてもいいです。ただし、その量をちょっとだけ減らしてください
 お茶碗に盛るゴハンの量を数口分少なくする。小分けのお菓子だったら、一つだけ残して明日にまわす。それだけで体重は変わります。長期的な減量にはなりますが、リバウンドしにくいし、少しずつ食事量が抑えることができます。続けることが大切です。最初の2週間をがんばりましょう。慣れてくれば胃の大きさも変わり、食べたくなる量も抑えられるので、自然と食べる量が減ってきますよ。

 〜おまけ〜
 テレビ・雑誌では様々なダイエット法が次から次へと紹介されています。新しい方法が出てくるということは以前の方法は間違っていたのでしょうか? そうとも言い切れず、効果はあっても続けることができないのでしょう。そんなふうにたくさんのダイエット法がある中、「食べないダイエット」というのはほとんど聞きません。マスコミはスポンサーがついていて、放送内容には敏感です。食品・外食業界は巨大スポンサーなので「食事をしない方がいい」なんて内容は……(^-^;
 短期断食ダイエットというものもありますが、日常的に食べる量をほんの少しだけ減らしてみましょう。



運動

《基礎代謝と運動》
 消費カロリーは、「基礎代謝」「運動に必要なエネルギ」から決まります。
 基礎代謝は筋肉の量によって変わります。筋肉が多ければカロリーもたくさん消費して体温も上がります。よって、運動をし始めて筋肉量も増えれば、基礎代謝も上がっていきます。好循環ですね。

 運動は何がよいかですが、やはりウォーキングです。球技など激しい運動は、急に始めると負担が大きいし準備もたいへんです。
何気ない時にできるウォーキングがオススメですね。ちょっとコンビニに行く時は車を使わないで10分歩いていく。スーパーまで歩いていき、買い物をして帰ってくると30分かかった。普段の生活の中でできる運動の方が長続きします。群馬という車社会だと数百メートル先の目的地でも車を使いがちですが……、歩くのも気持ちが良いものです(^^)
 足腰を鍛えると筋肉が増えるだけでなく血流も上がるので、足の冷え・むくみに悩んでいる人は特に歩きましょう!
 
 〜ご注意〜
 人によって生活環境は違います。体を動かす職業の人とデスクワークの人では、体力も消費カロリーももちろん違いますね。体に痛みを抱えている人ならば、ウォーキングもかえって体によくないこともあります。自分自身に合ったダイエット法が知りたい方は随時ご相談ください(メールでも結構です)。


 最後に。

 そうは言っても食べることは止められない、という人。その場合はダイエットの必要はありません。
 『食べたい欲求』が『痩せたい欲求』を上回っているだけです。つまり、自分が本当にしたいことをしているだけ。「痩せたい」のではなく「食べたい」のです。体に害があってもタバコを吸いたいのと同じで、健康よりも嗜好を楽しむということも一つの在り方だと思います。体重を気にせずに美味しい食事を楽しみましょう。



》》 健康のミカタ 目次へ


トップページ内臓療法とは?営業時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ

Copyright (c) 2011 FUJIMOTO Yuzuru