前橋市江田町610-6
TEL: 027-212-5631
トップ内臓療法とは受付時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
  五臓(肝・心・脾・肺・腎)と食べ物

 食べ物は体に大きな影響を与えます。今回は、五つの臓器(肝・心・脾・肺・腎)に対して、どのような食材が関係が深いかをお話しします。
 東洋医学では五臓に関して、五腑や季節・色・邪気がそれぞれ対応しているという考え方があります。例えば『肝』ならば「胆嚢(たんのう)と関係が深い」「春に活発に動き出す」などです。その中でも、『味』が五臓に与える良い影響・悪い影響についてを以下にまとめます。
臓器が弱っているときに摂ると栄養する味 摂りすぎると
酸味 酸は筋に浸透しやすく、肉が委縮して()りやすくなる。
苦味 骨に浸透しやすく、皮が渇いて体毛が抜ける
甘味 肉に浸透しやすく、骨が痛んで髪の毛が抜ける
辛味 気の巡りに関係し、筋がひきつって爪が枯れてくる
           (かん)味 *塩辛いという意味 血に関係し、血脈がドロドロになり血色が悪くなる
(表の見方) 肝が弱っているときは酸味を摂ると栄養されるが、摂りすぎると痛めてしまう。


 普段の生活から五臓が弱っているときには、その弱っている臓器を栄養できるような食事をしていくとよいということです。そのためには自分の体調をしっかりと把握しておくことが大切と言えます。五臓のどこが弱っているかを確認するには『内臓療法とは?(2)』のページを合わせてご覧ください。   》》 内臓療法とは?(2)
 自分の弱っている部分が求めていることに適切に応えていきましょう。



》》 健康のミカタ 目次へ

トップページ内臓療法とは?営業時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
Copyright (c) 2011 FUJIMOTO Yuzuru