前橋市江田町610-6
TEL: 027-212-5631
トップ内臓療法とは受付時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
  薬の服用 〜お茶で飲んではいけません?〜

 薬を服用するとき、「お茶やコーヒーで飲んではいけない」というような話をよく耳にします。水を用意するのが面倒で、休憩用に置いてあったお茶・コーヒー・ジュースなどで飲んでしまうことも多いかもしれません。さて、実際のところ、薬の効き目に変化はあるのでしょうか? 薬と飲み物の相互作用について以下にまとめてみます。

<カフェイン>
 緑茶・紅茶・コーヒーなどに含まれ、覚醒作用・利尿作用があります。カフェインは頭痛薬や風邪薬にも含まれているため、一緒に飲むとカフェインの過剰摂取となり、頭痛・動機・イライラなどの症状が現れる可能性があります。睡眠薬や抗不安薬と一緒に飲むと、薬の鎮静作用とカフェインの覚醒作用が相反し、効き目が薄れることがあります。

<アルコール>

 薬もアルコールもほとんどが肝臓で代謝されます。これらを一緒に飲むと、充分に代謝されないまま血中に入ってしまうので、効き目が強く現れてしまいます。(効き目が強く現れるならいいじゃないのか、と思われた方は下段の血中濃度の話をご覧ください) 睡眠薬を服用するとき、眠りやすくなるようにお酒で飲もう……、は危険ですので絶対におやめください。

<牛乳>
 薬は効かせたい部位(胃や腸)で溶けるように表面がコーティングされています。便秘薬など腸で溶かしたい薬を牛乳と一緒に飲むと、胃酸を中和してコーティングを溶かしやすくしてしまい、効き目が薄れたり胃を刺激したりしてしまします。

 薬と飲み物の相性があるので、お茶などで飲んでも影響が少ない薬もあるかもしれませんが、処方されたときにお医者さんに確認をされていない場合は、お水(お湯)で飲まれることをオススメします。
続けてもうひとつ。

 「1日3回、朝昼夜に服用する薬を、昼に飲み忘れたので夜に2回分を飲みました」みなさんもこのような経験されたことがありますでしょうか?

 これはよくありません。服用した薬が吸収され、薬物血中濃度がある一定値を超えると薬の作用が現れます。この範囲が有効域といい、薬物血中濃度が高すぎると毒性域になります。(右図上)
 薬は血中濃度が有効域に入るように処方されるので、一度に2回分を飲んでしまうと血中濃度が毒性域に入ってしまいます。(右図下)

 お仕事が忙しいときに薬を飲み忘れてしまうということもあるかもしれませんが、その分を取り戻そうと、2回分を一度に飲むということは避けましょう。
また、高齢者のように肝臓や腎臓の機能が低下していると、肝臓で無毒化される量や腎臓で排泄される量が減るため、薬がいつまでも体内に留まってしまいますので、服用量など注意してください。
 薬を飲むというだけで、なかなかたいへんに感じてしましますが……(^^;
 お医者さんがきちんと説明してくださる通り、きちんと服用しましょう。


》》 健康のミカタ 目次へ

トップページ内臓療法とは?受付時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
Copyright (c) 2011 FUJIMOTO Yuzuru