前橋市江田町610-6
TEL: 027-212-5631
トップ内臓療法とは受付時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
  リンパの働き、むくみの解消

リンパとは

 人の体は約60%が水でできています。水分は血液や尿や腹水・胸水、そしてリンパ液から成っています。リンパ液はリンパ管を通って、静脈で運びきれなかった老廃物や余分な水分を集めて静脈へ運ぶ役割があります。
        《リンパの働き》
        リンパの働きは主に3つあります。
          (1)余分な水分と老廃物の回収
          (2)老廃物の濾過(ろか)機能
          (3)免疫機能

 これらの機能が正常に働いていれば良いのですが、うまく働かないと代謝が悪くなったりむくみ・老廃物がたまるなど悪影響があります。


むくみの原因

 「代謝が悪いと水分の巡りが悪くなる」と言われますが、代謝とリンパの関係はどのようになっているのでしょうか?

《基礎代謝とリンパ》
 体を動かさなくても、体温を維持したり呼吸をしたりするためのエネルギが常に必要とされます。基礎代謝は10代をピークに年齢とともに低下していきます。筋肉量が少ない女性は、更に基礎代謝が少なくなります。代謝が下がるとリンパ液の流れが滞り、いつまでも体内に留まってしまいます。
 余分な水分・老廃物がどんどん蓄積されて、むくみ・肥満・便秘・肌荒れなどが症状として現れます。運動不足や暴飲暴食・ストレスによる自律神経の緊張などは代謝を下げる原因になります。むくみに困っている方は、これらの原因が思い当たるのではないでしょうか?


リンパを滞らせないケアや生活習慣

《リンパ液の流し方》
 リンパ管は、皮膚のすぐ下を流れる「表在リンパ管」と、体の深部を流れる「深部リンパ管」の2種類があります。テレビなどでリンパマッサージをよくやっていますね。“ここにリンパがあるんですよー”と言って、首や足の付け根をマッサージしますが、これは表在リンパ管のことです。リンパは体中にあり、体の表面近くで押しやすい部分が首や足の付け根部になります。リンパ管はとても繊細なので、強く押すようにはせずに撫でるように優しく刺激しましょう。

《簡単なリンパマッサージ法》
(1)コップ1杯のぬるま湯を飲みます。リンパ液の濃度を下げて、流れやすくするためです。
(2)肩の力を抜いて、前後に10回ほど回します。
   大きく動かすようにして、ゆっくり回しましょう。(右上図)
(3)腕を交差して、鎖骨のくぼみに人差し指と中指を当てて撫でます。
   左右10〜20回おこなう。(右下図)
   リンパ液は静脈に合流して集まり、心臓に戻ります。左鎖骨部分はリンパ液が大量に流れ
   込むあたりなのでここを押して痛みを感じる人は老廃物が溜まりやすくなっている証拠です。

 むくみは生活習慣改善やストレッチなどで、しっかりと改善することができます。呼吸法も重要で、腹式呼吸が有効です。やり方はこちらのページに詳しく載っていますので、あわせてご覧ください☆
 》》 『腹式呼吸をしてみると……』



》》 健康のミカタ 目次へ


トップページ内臓療法とは?営業時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ

Copyright (c) 2011 FUJIMOTO Yuzuru