パソコンの方はこちら
                        

前橋市江田町610-6 TEL: 027-212-5631
厚生労働大臣認可整体師教育振興協同組合認定


夏は腰痛の季節


腰痛――。痛みに悩まされている方もたくさんいらっしゃいます。特に夏は腰痛の患者さんが増えます。その特徴をいくつか挙げてみますので、当てはまる方は注意してください。




冷たいものの摂りすぎ


暑くなると冷たいものをたくさん口にすると思います。すると、胃を中心にお腹の中が冷やされます。外側は暑くても、意外とお腹の中は冷えやすいです。冷えが便秘の原因になる可能性もありますし、筋肉も硬くなるので骨盤まわりが“こり”やすくなってしまいます。

これが夏に腰痛が増える原因のひとつです。

「冷えたビールをがぶがぶと飲むひと」「喉が渇いていなくても、癖のようにお茶やジュースを飲むひと」は冷えやすい体質になり、消化器官も弱まっていきます。
夏場は食欲が減るからといって、あっさりとした冷たいもの(そうめんなど)ばかり食べている方は、消化器官が弱りやすく、さらに食欲がなくなっていく悪循環になりやすいのでご注意ください。





冷房による冷え


節電とは言われていますが、職場によっては冷房がガンガンと効いている所も多いですね。このような場所では、外側から体がどんどん冷やされてしまいます。空気にさらされる足元からも体が冷えていき、足腰の筋肉が硬くなっていきます。これが外側からの影響です。

どうしても冷房の効いた環境にいなければならない方は、膝掛けなどを使って足元を温めたり、飲み物も温かいものを摂るようにしてください。




以上が、夏場に増える腰痛の原因です。慢性的な腰痛についてはコチラをご覧ください。↓



》》 健康のミカタ 目次へ


トップページに戻る

パソコン版

Copyright (c) 2011 FUJIMOTO Yuzuru