前橋市江田町610-6
TEL: 027-212-5631
トップ内臓療法とは受付時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
  ストレスの影響と付き合い方

 『ストレス』。社会情勢や人間関係のように外側から来るものや不安や悩みのように内側から来るもの。生活していく上で、私たちは様々なストレスにさらされています。みなさんもストレスを抱えていませんか?
 過剰なストレス状態に置かれると疲れやすい、体がだるい、肩こり、頭痛、動悸、睡眠障害、食欲不振……心身にいろいろな影響が現れます。

ストレスの種類

ストレスには、外側から来る外的ストレッサ、内側から来る内的ストレッサがあります。
    外的ストレッサ : 人間関係、学校・仕事上の過大な負担、暑さ、寒さ、騒音など
    内的ストレッサ : 不安、悩み、怒り、憂い、疲労、不眠など
このようなストレスから身体を守るしくみがホメオスタシス(恒常性維持機構)です。

自律神経 : 交感神経、副交感神経からなり、呼吸・心拍・血圧・発汗など、自らの意思とは無関係に
       各器官を働かせ、調節している。
  内分泌 : 内分泌腺の作用でホルモンバランスを保ち、内臓の働きや新陳代謝を活発にさせる。
   免疫 : 異物が体内に侵入すると、それに抵抗し、身体を守ろうとする。
 この3つの働きのバランスを保つことで健康を維持しており、身体をまわりの環境に適応させて安定を保ちます。しかし、ストレスが過剰に作用すると、自律神経が緊張して交感神経が優位になります。すると、体を治すリンパ球が減る一方、顆粒球が増えて体を傷つける活性酸素が増えます。その結果、自律神経・内分泌のバランスが乱れ、免疫作用も弱まります。自律神経の緊張を取り除き、副交感神経を優位にすると、免疫力(自己治癒力)が高まります。



ストレスを受けやすい人、受けにくい人

 誰もが受けているストレスですが、強く感じてしまう人とあまり感じずにすごせる人がいるようです。以下のような特徴に当てはまる方は注意が必要です。

○まじめで几帳面な模範的タイプ
  すべてに完璧を目指してしまうので、ストレスを感じやすいタイプです。
○取り越し苦労タイプ
  何事をするにもあれこれと思い悩んでしまい、常に心が静まりません。他人にも気を遣ってばかりいてしまい
  ます。内向的で自分の気持ちを外に出しにくい人も、ストレスをどんどん溜め込んでしまいます。

○負けず嫌いタイプ
  責任感が強い頑張り屋さん。まわりから見ると活動的で生命力に溢れるようにも感じられますが、当人はせっ
  かちでイライラすることも多く、結果的に心身に異常をきたすことがあります。


 以上の特徴に当てはまる人はストレスを感じやすい傾向があるので、普段からストレス解消を心掛けるようにしてください。長期間、強いストレス状態にあると体がだるい、頭痛、動悸、めまい、睡眠障害、食欲不振など体に症状が出たり、躁うつ病、心身症、不安障害など心の病につながる可能性もあります。



ストレスの解消法

 生きていくうえで、ストレスをゼロにすることはほぼ不可能です。ストレスによる刺激が、やる気を奮い立たせたり、困難を乗り越えようとする精神力の源になったりすることもあります。しかし、過度なストレスによって健康を損なうことのないよう、うまく解消していきたいものです。

 以上を見ると、何事にも真剣に取り組む勤勉なタイプの(かた)はストレスを強く感じやすいようです。肩の力を抜いて、自身の生命力を消費したら充分に補いましょう。そのための解消法。みなさんも入浴・カラオケ・スポーツなど、それぞれの解消法があると思いますが、いくつかオススメのものを挙げてみます。

(1)食事
 ストレスが溜まると、アルコールを多飲してしまったり、甘いものをたくさん食べてしまったりするかもしれませんが、これは体調を崩し、さらにストレスに拍車をかけることになりかねません。身に覚えのある方はいらっしゃいませんか?
 ちなみに、私(院長・藤本)も甘いものが好きなので、食べ過ぎないようにいつも気をつけています。
 適度な甘いものは消化器官にも良い影響を与えますが、摂りすぎると腎臓や腰への負担となるので注意が必要です。美味しいものを適度な量、気分もリラックスさせてのんびりと楽しみたいものですね。それが体と心の栄養になるでしょう。

(2)腹式呼吸
 腹式呼吸は気持ちを静め、リラクゼーション効果があると言われています。緊張を取り除きたいときにも有効です。血流が上がるので冷え性の(かた)にもオススメですし、就寝前に行えば安眠にもつながります。全般的に内臓整体と同じような効果があります。
 詳しくはコチラ  》》 腹式呼吸をしてみると…
(3)動物との触れ合い
 動物と触れ合うことで温もりを感じ、安らぎを得られます。最近では『アニマル・セラピー』というものもあり、動物との触れ合いで血圧や脈拍数が安定するなどリラックス効果があると言われています。一般家庭でペットとして共に生活する以外にも、イルカ療法や乗馬療法というものもあります。

(4)部屋の片付け
 簡単にできてオススメなものがこちらです。部屋の掃除。普段は忙しくて放っておきがちですが、身の回りから少し手をつけてみましょう。出しっぱなし物を棚にしまったり、掃除機をかける、食器を洗う……などやり始めるのは面倒な気もしますが、やり始めてしまうと集中してしまうものです。余計なことを考えないで行う単純作業は意外と集中してしまい、リラックスできるということもあります。ぷちぷち(梱包用のクッション材)をずっと潰し続けるのも同じことですね。身の回りもキレイになると気分もリフレッシュして、やる気も出ます。

みなさんも上手にストレスと付き合い、余計なものはさっと解消していきましょう(^^)
私(院長・藤本)のストレス解消法は読書です。今夜のお供は、森博嗣『迷宮百年の睡魔』と、ほうじ茶です。



》》 健康のミカタ 目次へ

トップページ内臓療法とは?受付時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
Copyright (c) 2011 FUJIMOTO Yuzuru