パソコンの方はこちら
                        

前橋市江田町610-6 TEL: 027-212-5631
厚生労働大臣認可整体師教育振興協同組合認定


食育と食材(+実践)


食生活の乱れは肥満や生活習慣病の原因となり、健康に影響を与えます。

近年、よく耳にするようになった『食育』という言葉。「体育」「知育」「徳育」とともに重要視されているものです。一人ひとりが「食」に関する知識と「食」を選択する力を身に付ける必要があります。それに伴い、いくつかの食生活指針が策定されています。




1日の食生活のリズムから、健やかな生活リズムを
○朝食で、いきいきした1日をはじめましょう
○夜食や間食は取りすぎないようにしましょう
○飲酒はほどほどにしましょう
主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを
野菜・果物、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせて
食塩や脂質はひかえめに
などが挙げられます。どれも簡単なようで、継続は難しいことばかりですね。

病気のために食事を制限されている、ダイエットのために食事の量を減らしている……。気をつかっている方もたくさんいらっしゃるでしょうが、自分の誓いをきちんと守れているでしょうか?




私の意見としては、現代の日本人は単純に食事の量が多すぎると思います。食べすぎです。
『1日3食をきちんと』と言われていますが(体を動かす職業の方・成長期の子供以外は)1日3食ではカロリー過多になるでしょう。
健康のためには(ダイエットにも)、お腹がすいた時にだけ食事をして、量は腹八分目。これで健康(ダイエットをしている方は減量)に近づけるはずです。

また、食事に関しては東洋医学を見てみると食べ物が体に与える影響について興味深いことが言われています。その中で、今回は温性・寒性の食べ物について触れてみます。
食物は、漢方薬ほどではありませんが、熱さや寒さに作用する働きがあります。
「寒性」「涼性」は熱を下げ、毒を消す効果があり、「熱性」「温性」は体を温め、痛みを軽くする作用があります。冷え性の人は、できるだけ寒涼性の食材は控え、温熱性のものを多く摂ることが大切です。




下表に例を挙げます。
(平性は温性と涼性の間です)


熱性 羊肉、こしょう、山椒、日本酒(燗)など
温性 桃、りんご、マグロ、あじ、玄米、牛肉、鶏肉、ねぎ、かぶ、人参、しょうが、酢、味噌、ワインなど
平性 栗、ブルーベリー、鰹、あゆ、いか、さつまいも、ゴマ、大豆、豚肉、キャベツ、黒砂糖、ハチミツなど
涼性 メロン、苺、醤油、豆腐、ヨーグルト、牛乳、レタス、ゴマ油、オリーブオイルなど
寒性 すいか、キウイ、バナナ、蟹、あさり、海苔、ひじき、蕎麦、なす、ゴボウ、トマト、きゅうり、白砂糖、ビールなど




(料理の不得意な)院長・藤本の
カンタン料理紹介!!
さて、上手くできるか心配(^-^;

〜材料(4人分)〜
  鶏もも肉 : 200g
  玉ねぎ : 1個
  ほうれん草 : 1束
  にんにく : 1かけ
  しょうが : 1かけ
  酢、醤油、酒、砂糖 : 適量
*調味料の量はおまかせします。すみません、私も調節しながらどれくらい入れたのか判っていませんでした(^-^;

〜作り方〜
1.にんにくをスリおろし、しょうがはスライスします。
2.鶏もも肉、玉ねぎ、ほうれん草は食べやすい大きさに切ります。
3.すべての食材を鍋に入れ、沸騰してきたら30分ほど弱火で煮ます。
4.器に盛ります。




完成!美味しそうにできました
鶏肉・玉ねぎ・にんにく・しょうがなどは熱温性ですが、ほうれん草は寒性です。寒涼性の食材でも、タンパク質やミネラルを多く含
むものが多く、健康には欠かせません。温熱性の食材と一緒にして食べると良いでしょう。さて、お味は……、よかった。美味しいです(^-^)!☆

しょうがが多めかと思いましたが、しっかり効いていて体も温まりました。
お料理上手なみなさんは、ご自分でアレンジしてみてください。よかったらお試しくださいね。

酢をもう少し入れてもよかったかも……





》》 健康のミカタ 目次へ


トップページに戻る

パソコン版

Copyright (c) 2011 FUJIMOTO Yuzuru