パソコンの方はこちら
                        

前橋市江田町610-6 TEL: 027-212-5631
厚生労働大臣認可整体師教育振興協同組合認定


ビタミンとサプリメントと牛乳


ビタミンは、炭水化物・タンパク質・脂質のようにエネルギ源や体の構成成分にはなりませんが、体の機能を正常に維持するために不可欠な物質です。

新陳代謝を促したり、代謝を円滑にする潤滑油のような働きをしたり、血管や粘膜などの健康を保つ役割があります。それぞれの役割を簡単にまとめてみましょう。




〜ビタミンの種類と作用〜

ビタミンA(脂溶性)
作用 視力保持、皮膚、角膜の保護
欠乏症 夜盲症、眼球・角膜・皮膚の乾燥症など
食品例 レバー、うなぎ、緑黄力野菜など

ビタミンB群(水溶性)
作用 炭水化物、脂質、タンパク質の代謝
欠乏症 神経障害、成長障害、貧血
食品例 レバー、納豆、魚介類

ビタミンC(水溶性)
作用 抗酸化作用、コラーゲンの生成
欠乏症 壊血病
食品例 果物、イモ類、野菜類

ビタミンD(脂溶性)
作用 骨、歯の形成
欠乏症 骨軟化症
食品例 鮭、にしん、きくらげ

ビタミンE(脂溶性)
作用 抗酸化作用、細胞悪の安定化、血行促進
欠乏症 貧血
食品例 植物油、魚介類、アボカド

ビタミンK(脂溶性)
作用 血液凝固因子の生成
欠乏症 血液の凝結が遅れる
食品例 納豆、緑黄色野菜




ビタミンは体内ではほとんど作り出すことができないため、食べ物から摂取する必要があります。最近は栄養補助食品などのサプリメントがたくさん流通しており、ビタミン剤もいろいろなものがあります。今回は、このサプリメントの摂り方についてのお話です。栄養が摂取できるのだらから、飲めば飲むほどよい――と考えている方は注意が必要です。ビタミンには脂溶性と水溶性のものがあります(上表参照)。




水溶性ビタミン(ビタミンB群・C・葉酸・ナイアシンなど)は水に溶けやすい性質を持ち、ほとんど体内に貯蔵されないので、毎回食事から一定量を摂る必要があります。余分に摂取した分は尿中に排泄されるため、過剰症になる心配は少ないです。

一方、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)は、水に溶けにくく、油脂やアルコールに溶ける性質を持っています。食物中の脂質と一緒に小腸から吸収され、主に肝臓へ貯蔵されるため、大量に摂取すると過剰症を起こすものがあります。通常の食生活では、食物から必要な分だけを吸収するので過剰になる心配はありませんが、サプリメントなどで大量に取る場合は注意が必要です。




肝臓は栄養を貯蔵する大切な場所です。この肝臓に負担をかけることにもなる可能性があるので、サプリメントなどの摂り方には充分お気をつけください。

あくまでも栄養“補助”のものです。ノルウェーやスウェーデンなどの北欧の国は、牛乳の消費量が世界で最も多い国です。カルシウムをたくさん摂っているから骨がすごく丈夫なんだろう、と思うとそうでもないようです。なんと、骨粗しょう症の発症率は日本の数倍といいます。カルシウムの吸収にはビタミンDも関与しています。

やはり(体に良いとはいえ)ただ一つのものだけを多く摂取するよりも、バランスが大切ということですね。


》》 健康のミカタ 目次へ


トップページに戻る

パソコン版

Copyright (c) 2011 FUJIMOTO Yuzuru