前橋市江田町610-6
TEL: 027-212-5631
トップ内臓療法とは受付時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
  腰痛の原因

 慢性的な腰痛やギックリ腰、椎間板ヘルニアなど、痛みに長年悩まされている方がたくさんいらっしゃいます。
痛みで寝ていられないくらいの状態になると本当に辛いですね。そんな腰痛の原因はどこから来ているのでしょうか。

原因その1.骨格の(ゆが)
 ひとつ目は、骨の歪みによる痛みです。
 左の写真は、頭がい骨から骨盤にかけての骨の模型です。(背中側から見ています)
 全体的に曲がっていたり、または骨一つひとつが左右に動いていると痛みが発生します。
 背骨からは神経がたくさん出ているので、骨がずれると神経を圧迫し、痛みの原因になります。
 矢印がある腰骨あたりは、上半身の体重も乗ってくるので負担が大きくなります。
 こちらの写真は、椎間板ヘルニアを示したものです。
 見えにくいですが、矢印が指している○の中に、赤く飛び出ているものがあります。
 これは、骨と骨の間にある椎間板(クッションのようなもの)です。
 骨が歪んだことにより、椎間板が圧迫されてはみ出てしまった状態です。
 このはみ出た椎間板が神経に触れて、痛みが発生します。

 手術をして神経を押している椎間板を除去すれば痛みは消えます。しかし、原因は歪みです。
 歪みが残っているので、手術後数年すると痛みが再発する患者さんが多いです。
 手術だけでなく、体全体の歪みを改善していく方法をオススメします。


原因その2.老廃物が溜まる

 こちらは、いわゆる『こり』です。血流が悪くなると、筋肉が硬くなって老廃物が溜まっていきます。それが痛みの発生につながります。
 
骨の歪みの場合は、レントゲン撮影で見ることができますが、『こり』は目で見ることができません。そこで、『こり』ができてしまう原因をしっかり明らかにすることが大切です。『こり』の原因の多くは、食事や運動不足など生活習慣から来ていることが多いです。また、胃下垂や便秘など、内臓の疲れから来ている場合もあります。そのような方は、当院の“おなかほぐし(内臓療法)”が特にオススメです。
 お腹をほぐすと、その結果として血流が上がり老廃物が排出されます。筋肉がほぐれるのはもちろん関節まわりも動かしやすくなり、全体のバランスが取れて、痛み・こりの解消につながります。
》》 詳しくはコチラをご覧ください  (内臓療法とは?)
 腰痛の方は、腰まわりが硬いひとが多いので、ストレッチ・柔軟運動をしてみましょう。お風呂上がりや就寝前に行うと効果的です。注意点としては、勢いや反動をつけて無理やり曲げると、腰を痛めることがありますので、息を吐きながらゆっくりやりましょう。少しずつ毎日続けることが重要です。


 以上、腰痛の原因を2つ挙げました。夏は腰痛が増えます。暑くなると冷たい飲み物・食べ物を口にすることが多くなります。すると、お腹の中が冷やされて、胃を中心にお腹全体が硬くなってしまいます。また、冷房が強く効いているような環境にいる方は、外側からも体が冷やされてしまうので要注意ですね。暴飲暴食で冷たいものもたくさん摂る、寝すぎると腰が痛くなる、など心当たりのある方は『夏は腰痛の季節』も合わせてご覧ください。
》》 夏は腰痛の季節


》》 健康のミカタ 目次へ

トップページ内臓療法とは?営業時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
Copyright (c) 2011 FUJIMOTO Yuzuru