前橋市江田町610-6
TEL: 027-212-5631
トップ|内臓療法とは|受付時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
 五臓六腑という言い方をよくしますが
人体には五臓(肝・心・脾・肺・腎)と六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)があります。
  補足1.『肝・心・脾・肺・腎』は肝臓や心臓を示しますが、東洋医学ではさらに広い意味で捉えます。
       例えば、腎は「腎臓・副腎・生殖器・膀胱・肛門」を示します。脾臓は消化器全般を示します。
  補足2.三焦は形として存在するのではなく、機能を示すもの。実質は五臓五腑として考えます。

  自分の弱っている臓器はどこか?

どの臓器が弱っていると、どのような症状が出るのか? ご自分の状態をよく観察し、確認してみてください。

肝の弱り 心の弱り 脾の弱り
顔が浅黒い
白目が黄色い・赤い
目が疲れやすい
肩こりしやすい
筋をつりやすい
爪に縦じわが多い
怒りっぽい等、感情が高ぶりやすい
シミができやすい
動悸・息切れをしやすい
顔がほてりやすい
不眠で悩んでいる
汗をかきやすい
舌がむくんで肥大している
胃が痛い
食欲がない・異常にある
手が冷える
顔がむくみやすい
唇の色が黒っぽい
猫背
歯磨きをしても口臭が気になる
思い悩みやすい
月経過多
肺の弱り 腎の弱り
鼻水がよく出る
鼻が詰まりやすい
アレルギ持ちである
風邪をひきやすい
便秘をしやすい
腰痛をしやすい
排尿障害がある
髪が細い・白髪が急に増えた
足腰が疲れやすい
目の下にクマがある
耳鳴りしやすい
脚が冷える
生理痛・不妊などの婦人病
生殖機能の弱り


  助け合う・抑制し合う臓器たち

 ご自分のどの臓器が弱っているか確認できたでしょうか?
「肝・脾・腎、いろんなところが弱ってる」と不安になった方もいらっしゃるでしょうが、それは当然のことで心配なさらなくても大丈夫です。人体は常にバランスを保つように活動しています。1つの臓器だけがひどく悪くて、他はすこぶる健康ということはありません。例えば、腎が弱ると血液が濁ってくるので、心に負担がかかってしまうとうことです。どこかが弱れば他への負担もありますし、逆にその弱った部分を補うために他の臓器ががんばることもあります。その関係性を示したものが右の図です。

 相生(そうせい・そうしょう)関係 
互いに協力して助け合うことです。心の機能が高まると、脾の機能を強化します。
 相克(そうこく)関係 
互いに抑制する関係です。心の機能が弱まると、肺の機能を抑制します。
 ご自分の体調、体の状態をしっかりと把握しておきましょう。普段から気をつかっておくことが健康への第一歩です。





     

トップページ|内臓療法とは?|受付時間・料金アクセスよくある質問プロフィール健康のミカタサイトマップ
Copyright (c) 2011 FUJIMOTO Yuzuru